野球心ボール(12個入り)

¥3,500 (税別)

プロ野球選手の球質を体感できる野球心ボール

バッティング練習で、必要な練習から、常に速いボール、鋭い変化球を打つことが出来れば、必ずバッティングレベルは上がります。
現在、何人かのプロ野球の打撃コーチに、このボールの球質を体感してもらい、私自身も体感した答えが、しっかり投げることが出来れば、プロ野球一流投手の球質にストレートも変化球も似ているとのコメントでした。

  • 速いボール、鋭い変化球に対応したいと思っている打者。
  • 選球眼をつけたい打者。
  • ゲームでいい打球を打ちたい選手。

打撃向上の可能性大です。

在庫切れ

商品カテゴリー: , 商品タグ:

説明


ゲームや練習で、ストレートに対して振り遅れたり、変化球に対して空振りをしたり、ボール球を振って悔しい思いをしていませんか。

なぜ試合で、いい投手から打てないのか?

バッテリー間の距離は18.44メートル、少年野球はもっと短いのですが、投手から捕手までにかかる秒数は、1秒かかりません。この一瞬で、打者はボールを打つという動作を行うため、考える余裕などほとんどありません。あとは、反応・反射です。 反応・反射をよくするには、遅いボール・ゆるい変化球では練習になりません。

3割打者を目指すための練習方法とは?

答えは簡単です。
いい投手のボールを数多く打つ・見ること プロ野球投手のボールの球質を体感すること。練習からこれができればゲームでもかなりの確率でいい結果が出てきます。

しかし、実際にこのような球質のボールを練習で再現することは難しいと思います。私もプロ野球の現役時代、日ごろから速いボール、鋭い変化球を打つ練習をしたい。 またそのようなボールに対しての選球眼(ストライクボールの判断)を身につけることができれば、ゲームに対する自信をより一層持てるのではないかと考えていました。

理想の練習を実現するのためには、近距離から速いボールを投球してもらわないとその体感スピードにはならず、打者・投手ともにボールにあたる恐怖がつきまといます。それに加えて、近距離から鋭い変化球を投げるということは非常に困難です。そのため、簡単に近距離でのバッティング練習を行うことが出来ませんでした。

しかし、野球心ボールが私の現役時代に出来なかった理想の練習を可能にしました。


野球心ボールの特徴

  1. 野球界で、初めての5メートル間での練習が可能に
    野球心ボールは衝撃を和らげる素材を使用しているので、 ボールに当たる恐怖心を抱くことなく、5メートルの距離から速いボールを打つ練習が可能です。
  2. 近距離でも変化がかかる。
    近距離での投入時にも、鋭い変化を実現できるよう通常のボールよりも軽く設計。

チーム練習にも驚きの効果を発揮

  • グランドが狭くても練習はできる!
    打った球は遠くに飛ばないので狭いグラウンドでも練習できます。
  • バッティングの打席数が多くとれない?
    やり方次第で、数多くのスペースをつくることが可能です。
  • ゲームが始まる前に、速いボール、鋭い変化球を見るだけでも、有利に試合に望むことができる?
    ゲーム前の万全な準備ができる

野球心ボール使用体験動画